本文へ移動

コロナウイルス関連

「感染対策期」期間中におけるPTA活動について 会長メッセージ

昨日(4/8)より愛媛県において県全域で「感染対策期」に移行し、より一層の感染回避行動が求められております。各単位PTAにおかれましても総会運営等、年度初めの行事運営に苦慮されているところかと存じます。
今回の「感染対策期」の期間は現在のところ4/8~4/21の2週間とされております。この期間中、特に松山市においては不要不急の外出や地域の会合等の延期が強く求められており、PTA活動における集まり等も例外ではない状況です。
つきましては下記のような対策をお願いしたいと思います。

○「感染対策期」期間中に予定されていた総会は4/22以降への延期、もしくは書面表決への変更を検討
○「感染対策期」期間中に予定されていた役員会等については、急を要する会以外は4/22以降への延期を検討
○やむを得ず開催する場合は、参加人数の制限や会場の広さ、アクリル板の設置等十分な対策を講じること
※延期の判断をされた場合も、4/22時点での県の方針等に応じた対策をとっていただきますようお願いいたします。

愛媛県としては、この2週間が県内医療を崩壊させないための重要な期間になるととらえているとのことです。
愛媛県の未来のために、そして次代を担う子どもたちのために、一丸となってこの難局を乗り切っていきましょう。

松山市内小中学生のみなさんへ 会長メッセージ

今年もインフルエンザが流行する季節になりました。
みなさんの家庭や学校での手洗い消毒などのおかげでインフルエンザになっている人はかなり減っているそうです。しかし、新型コロナウィルスの感染はまだまだ勢いが止まりません。引き続き、手洗いや消毒をしっかり行って予防をしましょう。

もし、自分の近くで感染した人がいても戦う相手はウィルスです。
その人が早く良くなることをお祈りし、良くなった時には笑顔で「おかえり」を伝えましょう。

楽しい学校生活を送るために、
・密閉 換気しとるけん
・密接 はなれとくけん
・密集 集まらんけん
        三密を回避して毎日を楽しみましょう!

保護者ならびに教職員のみなさまへ 会長メッセージ

気温・湿度の低下に伴い、例年であればインフルエンザ感染者が増加していき、前年同時期は愛媛県内で週に50人程度の罹患者数が報告されていました。
一方、感染症対策が進んだ今年はこの半年で僅か4例しか愛媛県内でインフルエンザ症例が発生していません。(松山市はゼロ)

まさしく我々の感染症対策が正しかったと言えましょう。

ここ近日全国的に新型コロナウィルスの感染者数が増加し、松山市内でも感染者の発表がありますが、過剰に反応することなく、各種ガイドラインを参考にしながらこれまでの生活を続けてもらえればと思います。

1 うつらないよう自己防衛
2 うつさないよう周りに配慮
3 習慣化しよう3密回避

未来が見えない今だからこそ つながり合い 支え合って 優しい松山に

新型コロナウイルスで苦しんでいる人がいます。
新型コロナウイルスとたたかっている人がいます。
我々ができることは正しく恐れ、正しく行動することです。
罹患者を差別したり、必要以上に恐れることはあってはなりません。
敵は新型コロナウイルスです。
一緒に難局を乗り越えましょう。

「PTA活動における新型コロナウイルス感染症対応ガイド」第二版(日本PTA全国協議会)

知事・市長メッセージ

シトラスリボンプロジェクトのご紹介

0
1
7
0
7
0
TOPへ戻る