本文へ移動

令和2年度 活動方針

年間テーマ

次代を担う子どもたちのために、その笑顔と共に、いまPTAだからできること

活動方針

 昨年度は「笑生、笑育、笑学 笑顔で共に顔晴る」を年間テーマとして、私たちが子どもと共に笑顔で楽しく生き、共に育ち、PTA活動を通して私たち自身が学び、親としての力をつけるために、今できることから活動してまいりました。しかしながら、子どもたちを取り巻く環境は我々の想像をはるかに超えるスピードで変化し、少子化や核家族化が進んでいく中、各家庭の多忙感は日増しに強くなり、地域社会における連帯感や人間関係も希薄化しているなかで子育て機能が低下し、子どもたちの笑顔を阻害する要因がさらに増えております。
 このような時代背景の中、今年度は『次代を担う子どもたちのために その笑顔とともに 今PTAだからできること』を年間テーマに、子どもたちのために大人が学ぶことはもちろん、子どもの笑顔と共に活動することで、今まで以上に笑顔あふれる活動となることを目指します。そして、PTAだからできること、PTAでなければとできないことに取り組むことで、学校や地域で子どもたちが安心して生活できる環境づくりにも繋げていきたいと考えます。
 しっかりとした子どもたちの育成は、家庭での教育力と学校・地域の教育力向上にかかっています。子どもたちをしっかり育てるためには、私たち保護者があらゆる問題に対して、正面から向き合い、学び、理解し対応することが大切です。子どものためにより良い環境を整えることは一人でできることはありません。それぞれがお互いの立場、役割を尊重し、力を合わせ、明るく楽しく笑顔で、 学校や地域と協力しながら活動していきます。

①単位PTAへの支援
(活動情報をタイムリーに発信し、共に学びながら進もう)
 ●活動活性化のための支援事業(ともに学ぶPTA研究大会・各専門部会の充実・速やかな情報発信)
  ・令和3年2月13日(土)「第66回松山市PTA研究大会」(総合コミュニティセンター)
  ・情報交換を取り入れた「会長副会長会」の開催
  ・情報交換、講演を取り入れた「専門部会」の開催
  ・専門的に学ぶ「広報担当者会」の開催
  ・令和2年8月28日(金)~29日(土)「第68回日本PTA研究大会」(富山県) 【中止】
  ・令和2年10月18日(日)「第49回四国ブロックPTA研究大会徳島大会」(徳島県教育会館)
  ・令和2年11月14日(土)「第66回愛媛県PTA大会」(ツインドーム重信)
  ・「ブロック運営協議会」の充実
 ●お互いに協力し合う連合会
  ・PTA共済会からの活動寄付金による支援(今年度も各単位PTAに10,000円予定)

②家庭教育力の向上につながる支援
(親学の充実、子どもたちに親の後ろ姿を見てもらおう)
 ●有害情報に関する知識の向上
 ●単位PTAの研修事業支援(坊っちゃん学習委託事業・企画事業)
 ●父親の積極的な活動参加を推進

③学校教育への応援
(保護者と 先生が共に学び、その成果を子どもたちに還元しよう)
 ●子どもたちの学校での学びや生活の環境作りでつながるPTA活動
 ●より多くの人々の協力を得られる「魅力あるPTA活動」
 ●保護者と学校とのコミュニケーション作りの場を広げよう

④地域との協働
(同じ目的を共有する地域・他団体と支えあい、地域の架け橋になるPTAになろう)
 ●愛媛県PTA連合会と連携を深め、支え合う
 ● 日本PTA全国協議会・四国ブロックPTA主催の大会に積極的に参加する
 ●他団体との協働・行政関連各課との連携
 ●愛媛大学教育学部との連携
 ●各郡市PTA大会への参加

⑤子どもが活躍できる場の提供・親子ふれあい事業の実施
(世代を超えて大人と子どもの心の絆を深め、身近な社会を伝えよう)
 ●ボランティア養成(中高生・大学生とのつながり)
 ●キッズジョブまつやま2020の開催(令和2年12月6日 総合コミュニティセンター)

⑥子どもが安全に安心して生活できる環境の構築
(子どもたちを取り巻く環境の現状理解と、解決策を共に考えよう)
 ●単位PTAおよび地域を主体とした見守り活動の充実
 ●いじめ問題への取り組み(市教委との協働「いじめ0ミーティング」の参加を含め研修を行う)
 ●人権について学ぶ機会をもち、親子で考える
 ●「大人が連携し、助け合い、支えあう安心安全な地域環境」づくり
 ●SNSトラブルに関する研修会の充実

⑦広報活動による応援
(PTAの全てを発信しよう)
 ●広報紙作成を応援する研修会を開催する
 ●広報紙を発行する
  ・会員の活動への関心を高めるため、内容をさらに工夫・充実する
 ●市P連ウェブページを充実する
  ・定期的な更新により、アクセス数の増加に努める

⑧事務局研修会
(最高のPTAを目指して)
 ●単位PTAの活動を支えているPTA事務局員間の情報交換を図る



委員会活動
 ●職育委員会
  ・自立出来る大人に育てるためには、小さな頃から「働く」事の大切さや「働く」喜びを知り「働く」意味
   を考える機会を持つ事が大切である。
   未来に向けて、職に対する意識を育てていけるように「キッズジョブまつやま」を実施する。
 ●安心・安全委員会
  ・SNSトラブル・いじめ・自転車事故等、登下校時を含めた校外での子どもたちの安心で安全な環境作り
   のための研修会を開催する 。
 ●広報委員会
  ・市P連広報紙を発行する(年2回予定)。
  ・単位PTA作成の広報紙コンクールの運営を行う。
  ・タイムリーな情報発信を可能にする市P連ホームページの充実を図る。
 ●人権・福祉委員会
  ・日常生活そのものが人権感覚を磨く場であることを銘記し、全ての活動に人権感覚を取り入れる。
  ・大人同士が助け合い、励ましあう姿を通してみんなが輝ける、人権感覚が自然に培われる環境づくりに
   取り組む。
  ・松山市(人権啓発課)や松山市人権推進協議会と協力し、人権について学ぶとともに各校において人権
   学習を開催する。
  ・単位PTA人権集会への積極的な参加を促す。


その他の活動
 ●読書推進委員会
  ・本を通して子どもたちの心の健やかな成長に寄与する活動を推進する。
  ・より幅広い研修会を開催し、単位PTAにおける読み聞かせ活動の実態を把握し、その活動を支援する。
 ●プレPTA「ひめたまご」
  ・親子ふれあい事業への参画を通じて、未来の先生を目指す愛媛大学教育学部学生とPTA(保護者)の
   ふれあいの機会を創り、未来の先生(T)の「保護者とのかかわり」の学びの場を自然な中でサポー
   トする。
 ●文化・スポーツサークル
  ・文化・スポーツ活動でつながる仲間の輪を通して、PTAの温かい背景作りにつながる活動を推進する。
 ●おやじ委員会
  ・市内おやじの会のネットワークを活かし、親子ふれあい事業の協働・参画を通して活動の活性化を図り、
   PTAを広くゆるやかに支える温かい環境となるネットワークを構築する。

 
TOPへ戻る