本文へ移動

松山市PTA共済会 規程

(名称及び目的)
第1条 この会は、松山市PTA共済会(以下「共済会」という。)と称する。松山市小中学校PTA連合会(以下「市PTA連合会」という。)の会員の生活環境向上および、PTA活動の円滑化を図ることを目的とする。
 
(事務所)
第2条 この会の事務所は、市PTA連合会事務局内におく。
 
(会員)
第3条 この会の会員は、市PTA連合会に所属する単位PTA会員とする。
2 この会に別に定められた会費を納入し、加入した会員を共済会員という。ただし、各校全世帯加入を原則とする。
 
(業務)
第4条 この会は、次の業務を行う。
(1)団体傷害保険の取扱
(2)旧互助会積立金の運用
(3)広報活動
(4)子どもの安心安全事業
(5)自転車保険・子ども総合保険の取扱
(6)事業を行なうことに伴う業務
 
(役員)
第5条 この会に次の役員をおく。
(1)会長
(2)副会長 10名
(3)理事  29名
(4)この会の役員は、市PTA連合会の会長、副会長及び理事をもってあてる。
 
(役員の任期)
第6条 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。
2 補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。
 
(役員の職務)
第7条 会長は、この会を代表し、業務を掌理する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。
3 理事は、この会の業務の運営にあたる。
 
(監事)
第8条 この会に監事3名をおく。
2 監事は、市PTA連合会理事会の監事をもってあてる。
3 監事は、随時、会計及び業務の監査を行い、年度末に監査の結果を単位PTAに報告しなければならない。
4 監事の任期は、1年とし、再任を妨げない。
 
(役員会)
第9条 この会に役員会を置き、会長が招集し、議長となる。
2 役員会は、構成員の過半数の出席をもって成立し、その議事は出席者の過半数の同意をもって決定する。
3 役員会は、第4条に規定する業務を処理する。
 
(事務局)
第10条 この会の事務局に事務局長及び事務局員を置く。
2 事務局長及び事務局員は、役員会の承認を受けて会長が委嘱する。
3 事務局長は、会長の命を受け、この会の業務に関する計画、連絡、記録及びその他の必要な事務を処理する。
 
(判定委員会)
第11条 この会に判定委員会を置く。判定委員会の構成及び業務は、見舞金給付規程にに定める。
 
(給付規程)
第12条 見舞金の給付については、見舞金給付規程に定める。
 
(運営資金)
第13条 この会の運営に要する資金は、会費、事務手数料、その他の収入、及び平成18年3月31日までに「松山市PTA連合会 親子安全互助会」に積立てられた危険準備金をもってあてるものとする。
 
(報告等)
第14条 単位PTA会長は本会への加入について、毎年5月31日までに共済会会長に報告しなければならない。ただし、申し込みが6月1日以降となった場合は、会費の納入期日をもって有効とする。
 
(会計年度)
第15条 この会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
 
(委任)
第16条 この規約に定めるもののほか必要な事項については、役員会に諮って会長が定める。
 
   付 則
 この規約は、平成18年4月1日から施行する。
 平成19年4月1日改正
 平成20年4月1日改正
0
0
5
4
4
0
TOPへ戻る